不妊について思うこと 日常の話

母親に見透かされる

おはぎです。

緊急事態宣言、今日から全国的に解除されましたね。

東京の、緊急事態宣言が明けたのはどれくらいぶりでしょう。

2か月弱でしたかね?

その前も、10日ほど解除されて緊急事態宣言になったようなイメージで、緊急事態宣言が長いとよくわからなくなります。

そういえば、お盆は実家の用事を兼ねて、PCR検査を受け、私一人で実家に帰ろうと思っていましたが。

8月の半ばは、コロナの新規感染者が、東京だけで1日5700人を超えていたような状況で、恐ろしくなって一回中止としました。

 

まだまだ気を抜けない状況ではありますが、お盆にできなかった帰省をしようと、母親に連絡を取りました。
 

少し先だけど、お父さんのことも心配だし、お盆にできなかった帰省10月にしようと思ってるけど、都合どう?

その辺りはいつでも大丈夫よ。

それなら良かった!
けど、また、凍結胚の移植のスケジュールと被っちゃったりするかもしれないから、近くになったら日程調整になるかも。

あら。そうなの。
もうとっくに不妊治療はやめたと思ってたよ。

 

あ。そうだった。

母親と近況は連絡し合うものの、2か月前流産したとか、その後の不妊治療の話、一切してないんだった。

思えば、5月に治療やめる宣言して以来、ちゃんと状況伝えてなかったかも...。

 

母親に不妊治療をやめる話をした記事はこちらから

 

スケジュールがうまくできなくて長引いちゃったの。
今まだ、最後の凍結胚が1個あって、それを移植したら終わりなんだ。

そうだったの?でもまあ、もういい年だからね。
最後まで頑張りなさい。
薬の飲み間違えなんかに気を付けるんだよ?


ギクッとしました。

何で母親って、こうも娘を見透かすんでしょうかね。

確かに私が忘れっぽかったり、うっかり者だったりするのは生まれつきなので、特性をよくわかって言ってくれたんだとは思いますが。

私、もう成長して薬の飲み間違いなんてしたことないし、ちゃんとコントロールする術は身に着けてるんだよ?と思いましたが。

今回、お医者さんの処方、鵜呑みにしてしまったから、結果、薬の飲み間違えをやっちゃったんですよね。

と、いうことは。

母親は、私のこういうところも全部含めて注意してくれたのかな?

 

薬の飲み間違いの記事はこちらから

 

たまたま今の私の状況と、母からの注意が一致しただけなのかもしれませんが、なんだかやっぱり母親ってすごい。

43才になっても、私はいつまでも娘としてしか生きたことがなくて、自分の命を代えても守りたい存在なんて、いないかもしれません。

旦那にだって、無償の愛を注ぎ続ける、なんてできないかもしれません。

自分の子供という存在がどういうものなのか、今の私には想像するくらいしかできないけれど、やっぱり子供がいるのといないのとでは、世界が大きく違うのだろうなあ。

私もお母さんになりたい、なりたかったなあ、と強く思ってしまいました。

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

ランキングに参加中です。ポチっとしていただけると嬉しいです。

 

-不妊について思うこと, 日常の話
-