不妊治療 日常の話

ワクチン打ったら生理が来た

おはぎです。

昨日の午後、1回目のワクチンを打ってきました。モデルナです。

旦那は職場接種で、1回目の接種が7月初旬と割と早かったんです。

 

旦那がワクチン接種2回目で高熱発症の話はこちら

 

その頃は家族も打てるなんて話もありましたが、その後ワクチン不足で立ち消えになってしまったんですよね。

もう国民の5割は2回目接種を終えているというのに、区の予約開始を待っていたら、1回目の接種がこんな時期になってしまいました。

私の区だけかもしれませんが、行政頼みのワクチン接種の場合、同僚もみんなこんな感じらしいので、このあたりだと私だけ特別遅いというわけでもないようです。

 

 

夕方、15時にモデルナのワクチンを打ったのですが、22時に生理が来ました。

たまたまかもしれません。

いや、偶然ワクチン接種日と生理日が重なっただけなのでしょう。

少し前から胸の張りも強めに出ていたし。

けれど、タイミングがタイミングだったので、ワクチンの副反応で生理?とちょっとびっくりしました。

インターネットで検索してみたら、厚生労働省ではワクチンと生理は関係はないと記載してあります。

ワクチンで不正出血、なんてニュースもヒットしましたが...。

そちらも、たまたまであってほしいと願うしかないです。

現在、あまりエビデンスのないものに傾倒しても、今のところは仕方ないしなあと、今後の生理の状況を見守って、あまり深く考えないこととします。 

今回がちゃんとした生理だとすれば、前回の流産による自然排出からちょうど2か月で生理が来たことになります。

長かったです。

最初はちょっと不妊治療お休みをしたい、なんて思ってましたが、結果的にはそんなこと考える必要もなく、ただただ生理が来るのを待ちわびてました。

やっと移植周期に入ることができるので、不妊治療再開できるだけでもありがたく思っちゃいます。

(もう生理来ないのかも...なんて心配も実はしてました。汗)

週明けに病院を予約してみて、移植周期に入れるかどうかはホルモン値次第になりますが、最後の移植周期、全力を尽くしたいと思います。

 

注文していたプルーンが届きました。
あの、ミキプルーンのプルーンです。
プルーンとは、すももの仲間で、今が出荷の最盛期となり、国産の生のプルーンはこの時期しか食べられません。
ほんのりとした甘さと、すっぱすぎない優しい酸味が特徴で、毎年この時期を楽しみにしています。

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

ランキングに参加中です。ポチっとしていただけると嬉しいです。

-不妊治療, 日常の話
-,