不妊について思うこと 日常の話

子無し夫婦のお年玉事情

おはぎです。

週末に、年始の用意をしていて、お年玉用のポチ袋を買いました。

甥・姪たちも様々な年代になってきたので、キッズグループと、お兄さんお姉さんグループと分けて、ポチ袋を2種類買いました。

私側の甥・姪はもうだいぶ大きくて、15才~20才、

旦那側の甥・姪は7才~14才といった感じ。

ポチ袋は、小学生以下グループと、中学生以上グループの2種類です。

 

甥・姪からおばさんと呼ばれない話はこちら

 

 

唐突ですが、皆様のご家庭では、親戚などのお子様へ、お年玉ってどうされているんでしょう?

私側の甥・姪は、3才くらいから1000円でスタートし、1年に1,000円ずつ増やしていくルールが決まっていました。

10,000円に到達した年に、「今後はこれ以上は増額しないでほしい」と言われました。

旦那側は、小学生まではお年玉なし、1年生から1000円で始まり、1学年ごとに1000円増やしていくという方針で、統一されていました。

6,000円になったときに、私の兄弟ルールと同じく「来年からは増額しないでほしい」と言われてしまいました。

親に渡すわけじゃないし、特に赤ちゃんから見てた子たちはかわいくて仕方ないので、20才くらいまで増額しても構わないと思ってましたが。

もらう方としたら、恐縮しますもんね。

私が小さなころ、親せきで3万円くださる叔父がいたりもしましたが、両親も同じく恐縮してたんでしょうかね?

 

子無し夫婦のお年玉事情|不妊治療の終わりかた おはぎの日記

 

 

子供がいない夫婦だと、あげてばっかりなんて声も耳にしますが。

私たちの場合、プチギフト的なものを頂いてたことが、昨日発覚しました。

私側の場合は、お年玉&毎年何となく手土産を渡してたんです。

独身時代は、毎年一人で実家に帰っていたので、甥・姪たちの訪問を心待ちにしていました。

ワクワク待っていたという証に、何か喜んでくれそうなものや、旅先でおいしかったもの等を用意していたかもしれません。

でも、それ以上に兄弟から、赴任先の高そうな「ウニ」や名産品をもらってました。

 

これはほんとに、めちゃくちゃおいしいです!お土産じゃなくても一度ご購入をおススメします!
¥680 (2024/06/13 07:02時点 | 楽天市場調べ)

これは、ココナッツバターみたいな感じなんですけど、マレーシアのホテルで食べて、凄くおいしかったので、たくさんお土産を買って帰りました。

 

旦那側はといえば。

コロナ禍以前は、年末に旅行するのが定番だったので、毎年、旅行土産を渡していたんです。

ところがです。

コロナ禍になって、定番の旅行ができなくなり、旅行土産を用意することができなくなりました。

 

いつものお土産渡せないけど、お兄さんたちへのギフトのお返しどうしよう?

あれは、お年玉のお礼だからいらないで。

 
そうだったのか!

そんなこととはつゆ知らず。

お土産、と言われたら遠慮なく受け取れますよね。

私たちが頂いていたギフトには、理由があったんですね。

子供がいない夫婦からお年玉をもらって、お年玉で返せないからと、わざわざお礼に用意されたギフトだったんですね。

それに、お返ししてしまったら堂々巡りとなってしまいます。

頭が単細胞で、言われるまで気が付きませんでした。

そして、子供がいない夫婦っていうのも、自分たちが気付かずにも、それなりに気を使わせてしまうものなんですね。

確かに、子供のためのお年玉とはいえ、もらってばっかりじゃ、恐縮しちゃいますもんね。

世の中のお母さんは、考えることがたくさんあるのに、余計なことまで気を使わせて申し訳ないなあ。

同時に、やっぱりお母さんというだけですごいことなのかもしれない、なんて子供がいない私は思ってしまいます。

もしからしたら、お母さんにならない私は、生まれ変わるまで、お母さんてすごい!と思い続けてしまうかもしれないなあ、なんて思ってしまいました。

 

お母さんてすごいと思った話はこちら

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

ランキングに参加中。ポチっとしていただけると嬉しいです。

-不妊について思うこと, 日常の話
-,