日常の話

夫婦喧嘩のその後

おはぎです。

一昨日、小競り合いのような、旦那と言い合いになった話、前回の話の続きになります。

朝起きたら、旦那の理不尽な言い分は置いておいて、まずは私が至らなかったことは謝ろうと思っていました。

7時半に起床してみたら、旦那はテレワークでなく出社日だったようで、既に家にいませんでした。

仲直りするチャンスだったのに、失敗。

 

前回の話はこちらから

 
夜に美味しいものでも作って、謝るチャンスを窺おうかなあなんて考えて。

とりあえず、段取りよくご飯の準備をして、帰宅後すぐにご飯が並ぶように準備しました。

すると、帰るLineがいつも通りきました。
 

 
あれ?なんか、いつも通り。

旦那はもう何とも思ってなさそうだし、私も昨日の怒りは消滅している。

もう、いつも通りでいいかと思っていると、帰宅した旦那もやっぱり同じ気持ちだったようで。

昨日のいさかいがなかったように、楽しく会話が始まってしまったので、もう謝るのもいいかな、と。

結果、うやむやになってしまいました。

今これを見て、私は何を読まされているんだ!と感じた方がいたら、本当ごめんなさい。

読んで損しましたよね。すみません。

でも、言い合いする前の頭の中は、怒りの感情でいっぱいで「この人がこんな考えではもうやっていけないかもしれない」なんて本気で思ってたんですよ。

あの瞬間は本当に。

けれど、言いたいことを言って、時間が経って、怒りの感情が消滅した今となれば。

あー、くだらない、なんて我ながら思っちゃいます。

 
もっと深刻な喧嘩であれば、いつもは旦那帰宅後一度話し合いをするのですが、今回はそんなことする必要のない、ささいな小競り合いだったようです。

夫婦と言えども、結局は他人同士なので、どんなに仲が良くても大なり小なり意見が合わないこともあると思います。

また、バイオリズムやストレスなどで、どうしても感情がギスギスしてしまう時ってありますよね。

でも、私のパートナーは旦那しかいないし、なんとか折り合いをつけて、喧嘩をしても最後は旦那と笑いあいたいんです。

なので、今回の場合はこれでいいかな。

結局、私も旦那も謝らなかったけれど、ちょっと良くなかったかな?という点は、それぞれ認識したってことで。

これから長く続く夫婦一緒に歩む人生、もしかしたら二人だけの家族かもしれない人生。

大きな心で、たくさんの彩り豊かな思い出を増やしていかなければもったいないなあなんて思いました。

なので、これからはもう少しカリカリしないよう気を付けますね。
 

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

ランキングに参加中です。ポチっとしていただけると嬉しいです。

 

 

-日常の話
-